借金の援用についてもっと知る

借金で時効を援用するためには

借金で時効を援用するためには

貸金業者からの借金なら、5年で時効にかかります。5年後に時効にかかったら、援用をすることで返済義務がなくなります。
しかし、これには一定の条件を満たしている必要があるので、時効で借金を踏み倒せることはめったにありません。
まず、5年間返済の意志を示していないことが必要です。1円でも返済をしてしまうと返済の意志ありと見なされてしまうので、時効はリセットされます。
また、内容証明郵便で催促をされると、時効が6ヶ月延長されます。その6ヶ月のうちに裁判を起こされて債権が確定してしまうと、時効はさらに10年に延長されます。金融機関もプロですので、高い確率で時効を延長されてしまうでしょう。
また、裁判になれば給与口座を差押えられることもあります。差し押さえによって強制的にお金を回収されてしまいます。
5年もしくは10年間なにごともなければ、時効にかかり、援用をすることで借金はなくなります。めったにないことですので、時効で借金を踏み倒そうなどと考えないことが無難です。

借金を圧縮するなら債務整理を

借金を圧縮する方法とは債務整理や過払い金請求のことを指します。借りたお金は自分で全額返済するのがベストですが、事情により元金を減らせない状況になることがあります。
そんなときは業者と交渉して解決しようとは思わないことです。交渉して借金を減らしてくれる可能性はゼロに等しいのです。
借金を減らすためには返済するしかなく、それが無理なら専門家に相談しましょう。債務整理には3つの種類があり、返済能力に応じて選べるようになっています。
長期間においてローンを利用していたなら、過払い金が発生している可能性もあるでしょう。
最近は過払い金請求だけで、ローンを全額相殺できるケースが増えてきています。いずれにせよ、借金返済が厳しい状態を放置しておいても解決しないので、早めに専門家に相談をしていきましょう。
返済可能な金額まで圧縮できますし、報酬の支払いは分割にも応じてくれるはずです。すでに取立てが始まっているなら、今が専門家に相談するタイミングです。

注目サイト

ADHDについて知る
http://kidshug.jp/

最終更新日:2017/4/13